【日语听力】刃物事件相次ぎ警視庁が訓練 国の支援は【2021.11.3新闻报道】 | 日语系.com

【日语听力】刃物事件相次ぎ警視庁が訓練 国の支援は【2021.11.3新闻报道】

刃物事件相次ぎ警視庁が訓練 国の支援は

【日语听力】刃物事件相次ぎ警視庁が訓練 国の支援は【2011.11.3新闻报道】_哔哩哔哩_bilibili
刃物を使った事件が相次いでいることを受けて、新宿駅で刃物を持った男らが暴れているという想定で訓練が行われました。警棒を使って刃物を叩き落とす手順や盾やさすまたを使って男らを制圧し、逮捕する方法などが確認されました。文字起こしは下記のサイトで公開しています:

刃物を使った事件が相次いでいることを受けて、新宿駅で刃物を持った男らが暴れているという想定で訓練が行われました。警棒を使って刃物を叩き落とす手順や盾やさすまたを使って男らを制圧し、逮捕する方法などが確認されました。

警視庁新宿署の井ノ口所長は今後も訓練を徹底していくとしています。

そして、鉄道各社に、こちらで安全対策を確認したところ、こういった答えが返ってきました。例えば、JR東日本は防犯用具などの配備や拡充を行っているということです。また、小田急電鉄は刃物を通さない手袋や盾を列車内、これ乗務員室だということですが、こちらに配備する予定だということです。

そして、国も、今日ですね斉藤国交大臣がこう話しました。「鉄道の安全対策は国民生活に深く関わっている」としまして、コスト面での支援も検討していきたいということです。

法月さん鉄道は利用者が多い中でどこまで対策できるかですね。

航空機と違って非常に難しいですね、大勢の方が利用するわけですから。ただ今回の容疑者のですね、供述を見てみると、完全にもう計画的な犯行であるということがわかります。第一、130センチものを刃渡りの刃物をですね、電車の中に持ち込むっていうことは普通考える場合にあり得ないわけですよ。どうやってそういうものを持ち込ませないようにするかっていうね。駅の構内で犯人を取り押さえるという訓練も大事ですけれども、問題は昨日、この場合は車内で起きてますからね。またちょっとその要素が違ってくる(と、あの)部分があると思うんですね。そうなるとですね、これ本当に難しいかもしれないけれども、例えば駅の自動改札を通るときに、こういった刃物に反応する金属探知のね、機械を付けるとかですね、そういう対策も必要になってきている時代に、今あるんじゃないかなという気がしますね。

コメント