【学日语】相手を不快にさせない断り方【口语】 | 日语系.com

【学日语】相手を不快にさせない断り方【口语】

【学日语】相手を不快にさせない断り方【口语】_哔哩哔哩_bilibili
文本:社会生活を送る上で、断り方はとても大切です。はっきり断ることも時として必要ですが、相手との関係性を壊さないよう、相手を不快にさせない言い方をすることが社会人としての基本です。とっさに使えるよう、練習して覚えておきましょう。リクエストや質問があればお気軽にご連絡ください。

音声はこちらから↑↑
スクリプトはこちらへ↓↓

相手を不快にさせない断り方

■いたしかねます

「できません」とはっきり言ってしまうのは角が立ちます。「いたしかねます」は、自分の本意ではない、という意味が含まれ、ソフトな言い回しになります。

例えば、取引先から電話がかかってきたが、自分で答えることができない場合は、「その件につきましては、私ではお答えいたしかねますので、担当者の者におつなぎいたします。少々お待ちください。」

■今回は見送らせてください

「今回は」というところが大切です。断っても、次の機会には可能性があるという意味が含まれ、相手との縁を切ることにはなりません。

■あいにくですが

「あいにく」は「都合の悪いことに」「具合の悪いことに」といった意味です。例えば、仕事中にかかってきたセールスの電話を切りたいときなど、「あいにくですが、これから出かけるところなので失礼いたします」といえば角が立ちません。

■ご容赦いただけませんでしょうか

お客様や目上の人からの要求に対して、低姿勢で断りを入れるときに用いるフレーズです。お客様から値下げの要求があった場合に、「これ以上の値引きはご容赦いただけませんでしょうか」などといいます。「ご勘弁願えませんでしょうか」も同じ意味です。

コメント