【日语听力】小学生3人に1人“ランドセル症候群”…重く心身不調【2021.11.19新闻报道】 | 日语系.com

【日语听力】小学生3人に1人“ランドセル症候群”…重く心身不調【2021.11.19新闻报道】

【日语听力】小学生3人に1人“ランドセル症候群”…重く心身不調【2021.11.19新闻报道】_哔哩哔哩_bilibili
报道内容听写文本↓↓(作成中)■コメント学習量もそうですし、友だちとの遊び方も時代と共に変わってきているなと思います。ニュース番組書き起こしです。日本語のリスニング強化にご利用ください。質問やリクエストがあればお気軽にご連絡ください。

音声はこちら↑↑
文字起こしはこちら↓↓

小学生3人に1人“ランドセル症候群”…重く心身不調

今日は何の授業があったの。

うーん、国語と、算数と、図工。

結構重たい?

うん、重たい。

ある調査によりますと、小学1年生から3年生の児童のランドセルの重さは、中身を含め、平均でほぼ4キロ。さらに、およそ7割の子供が3キロ以上のランドセルを背負い、学校に通っているといいます。

そんな重いランドセルが原因で、体や心にまで不調をきたすのが、ランドセル症候群。今、小学生の3人に1人が陥っているといいます。一体どのような症状なのでしょうか?

肩こりだったりだとか、あと首回りに痛み、あとまぁ腰痛ですよね。
精神的な面というのは、重たいランドセルを背負って、あぁ今日も学校行かなきゃいけないんだなっていうちょっと抑うつ的な気持ちになってしまう、学校行くの嫌だなみたいな、そういう気持ち。

高野医師によりますと、子どもの背負う荷物の重さは体重の10%ぐらいが望ましく、小学1年生から3年生の場合、2.5キロ以下が適切な重さだということです。しかし、1年生の女の子のランドセルを実際に測ってみると、

本当に重たいですね。
あっ、5キロ以上ありますよ。
5.15キロ。

近年、教科書のページ数や、副教材も増え、ほとんどの児童がランドセルと一緒にサブバッグを持って通学するなど、荷物の重量化は進む一方です。何か対策はあるのでしょうか?

やっぱ体に合ってない状態で、(あの)ランドセルを使うと、それもやっぱり原因になりますから。あれって肩のストラップで長さを調節できるんですけども、そういうのもちょっとやってるといいかなと思いますけどね。

コメント