【日本时事要闻】2021年12月30日(周四)【中文翻译+注释】 | 日语系.com

【日本时事要闻】2021年12月30日(周四)【日本人朗读+中文翻译+注释】

【日本时事要闻】2021年12月30日(周四)【中文翻译+注释】_哔哩哔哩_bilibili
报道内容听写文本↓↓年12月30日(木)のトップ記事(全国紙)です。毎日これを押さえておけば日本の社会動向は十分にわかります。日本語のリスニング強化にもご利用ください。質問やリクエストがあればお気軽にご連絡ください。

動画はこちらから (视频点击这里)↑↑
スクリプトはこちらへ (文本如下)↓↓

1.重要土地規制、8事例 高所からの監視など 政府文書
6月に成立した重要土地利用規制法を巡り、安全保障上の重要施設や国境離島の「機能を阻害する行為」として、高所からの監視・盗聴や離島保全の拠点施設への攻撃など、政府が想定する8事例が判明した。機能阻害行為は中止の勧告・命令や罰則の対象となるが、条文などに具体例が示されず、同法の国会審議で私権制限の乱用への懸念が出ていた。
(出典:毎日新聞

1.重要土地限制、8事例 从高处监视等 政府文件
围绕6月成立的重要土地利用限制法,政府设想了8个事例,其中包括作为安全保障上的重要设施和国境离岛的“阻碍功能的行为”,从高处进行监视、窃听、对离岛保护基地的设施进行攻击等。阻碍机能的行为成为中止的劝告、命令和惩罚的对象,不过,在法律文本等中没有给出具体的例子,在同法的国会审议中出现了对滥用私权限制的担忧。

Comment:
国防は重要なテーマですが、国家権力の発動が不可欠。それは往々にして人権の制限を伴うものでもあり、慎重にジャッジしなければならないものです。
国防是一个重要的课题,但是国家权力的发动是不可缺少的。这往往伴随着人权的限制,必须慎重判断。

 

2.廃炉ごみ、米「輸出を」(その1) 法規制見直し要求
原発の廃炉などで生じる低レベル放射性廃棄物を巡り、米国が日本に対し、国外処分を禁じた日本の法規制の見直しを求めていたことが毎日新聞の取材で判明した。米企業が処分ビジネスを受注できるようにするためで、実際、日本政府はその後、廃炉で出る大型機器の一部に限って輸出できるように規制を見直す方針を固めた。発電が終わった後段階(バックエンド)の問題を棚上げしてきた日本の原発政策における外資依存の実態が浮かび上がる。
(出典:毎日新聞

2.废炉的核废料 美国呼吁“出口” (一) 要求重新修改法律法规
《每日新闻》采访获悉,围绕核电站废炉等产生的低放射性废弃物,美国要求日本重新修改禁止国外处理的日本法律规定。为了让美国企业能够接受处理业务,实际上,日本政府在那之后,决定重新修改规定,只允许出口在废炉中产生的部分大型机器。它一直搁置发电结束后阶段(后端)问题,揭示着日本核电政策对外资的依赖。

Comment:
原子力利権の闇は深い。
原子能利权的黑暗深不见底。

コメント