【问题】在日语中,主语经常被省略。 那我怎么才能知道是自己做还是对方做呢? | 日语系.com

【问题】在日语中,主语经常被省略。 那我怎么才能知道是自己做还是对方做呢?

问题:在日语中,主语经常被省略。 那我怎么才能知道是自己做还是对方做呢?

回答:必须根据语境来判断。

换句话说,日语的主语可以省略,是因为主语已经在之前的对话(语境)中被分享了。如果单单从一个句子中往往很难知道什么是主语。

然而,有些人认为已互相理解主语是什么,因此即使是一个新的话题,也不说主语就谈。
在这种情况下,甚至根据语境也无法判断主语是什么,只好问对方。事实上,这种情况在日本人之间的对话中并不少见。
在讲之前,考虑对方对你要讲的内容了解多少。这种考虑是很重要的,不仅是在日语中,交流的基础吧。

顺便说一下,关于在日语中主语经常被省略的事实,可以说它也反映了日本传统的思维方式,即重视”不言而喻”。然而,由于这种思维方式在国际上不被理解,最近日本人认为在日语中也应该使用清晰的说话和写作方式。

我们回答关于日语的问题,请随时联系我们。

質問:日本語では主語が省略されることが少なくありません。この場合、自分がやっているのか、相手がやっているのかを知るにはどうしたらいいですか?

回答:文脈で判断する必要があります。

つまり、それまでの会話(文脈)の中で主語を共有しているからこそ省略が可能なのであり、単独の一文だけでは主語が何なのかわからないことはしばしばあります。

しかし、主語が誰なのかお互いに理解しているはずだと思い込み、新しい話題であるにも関わらず主語を言わずに話す人がいます。このような場合、文脈によっても主語が何なのかわからないため、相手に確認するしかありません。実はこのようなシーンは日本人同士の会話においても少なくありません。
これから話すことについて相手はどれくらい理解しているか?ということを考えた上で話す。相手に対する思いやりが重要です。これは日本語に限らず、コミュニケーションの基本ですね。

ところで、日本語で主語がよく省略されることについて、それは「言わなくてもわかることは言わない」、「相手の言いたいことを察する」ことを重視する日本人の伝統的な考えを反映していると言えます。ただ、国際的にはこのような考え方は通じないため、最近では日本語でも明確な話し方・書き方をするべきだと考えられるようになってきています。

目录页

コメント